【EFT/タルコフ】エディションのおすすめは?やっぱり闇落ち?

やぁ。私が闇落ちして半年ほどたった。
闇落ちとは、タルコフの一番高いエディションのことである。

約15000円程したが、後悔はしていない。
それほどまでに、タルコフライフを快適に過ごせたのである。

この記事にたどり着いたということは、今からタルコフを始めようと思っているが、どのエディションを買おうか迷っているからではないだろうか。

そこで私の体験談から、どのエディションがおすすめかを述べていこうと思う。
ちなみに私は、Standard EDITIONを購入した後、1週間もたたずに闇落ちした。
その経緯も書いたので、タルコフ購入を考えている方は是非記事を読んでいただきたい。

エディションごとの違い

エディションごとの値段は、以下の通りだ。

エディション名 値段(1$=110円で計算)
Standard EDITION 44.99$(約4,950円)
Left Behind EDITION 74.99$(約8,250円)
Prepare For Escape EDITION 99.99$(約11,000円)
Edge of Darkness limited EDITION(別名:闇落ち) 139.99$(15,400円)

まてまて、闇落ちエディション高すぎだろ、と思った方も多いのではないだろうか。
無論、私もそうだった。
無料でできるゲームも多いのに、1万5千もすんのかよ。

一番安いものと高いものでは、3倍近くの差がある。
3倍近いお金は、何に変わるのか。

それは、

  • スタート時に配られる装備
  • Stash(倉庫)の大きさ
  • コンテナの容量
  • トレーダーの信頼度

である。

そんなこと言われても、プレイしてねーからわかんねーよ。

落ち着いてくれ。

タルコフをプレイする前は、Stash(倉庫)の大きさ、コンテナの容量。
この2つに注目しておけば、とりあえずOKだ。

この2つの要素をどう感じるかで、あなたがどのエディションを購入すれば良いかわかるだろう。

Stashの大きさ

まず、Stashの大きさだ。
Stashとは、手に入れたアイテムを保管する倉庫のこと。

以下、エディションごとの違いである。
Standard EDITIONと闇落ちでは、倍以上Stashの大きさに違いがあることに注目してほしい。

エディション名 stashの大きさ
Standard EDITION 10×28=280マス
Left Behind EDITION 10×38=380マス
Prepare For Escape EDITION 10×48=480マス
Edge of Darkness limited EDITION 10×68=680マス

私が闇落ちした1番の理由は、Stashの大きさにある。
Standard EDITIONの狭いStashに耐えられなくなり、闇に堕ちた。

Stashが狭いと、まず持って帰ってきたアイテムがStashに入らないストレスに襲われる。
Stashの整理に時間を取られてしまうのだ。

ゲームに慣れてくるといらないアイテムがわかったり、Stashの整理がうまくなるのだが、初心者のときにはそうはいかない。

Stashが大きいと、とりあえず荷物をぶちこんで次のレイドにいける。
これが、なにより快適だった。

280マスもあれば大丈夫じゃないの?
そう思う人も中にはいるのではないか。

参考までに、以下の画像を見てほしい。
実際のゲーム画面である。

これは、140マスの画像だ。
必須道具である武器、ヘッドセット、ヘッドウェア、アーマー、リグ、バッグが置いてある。
それと、黄色い文字でそのアイテムが何マス占めるのかが明記してある。
左下のバッグが30マス、右下のアーマーとリグが12マスといった感じだ。

ゲームをプレイしていると、空きが狭いStashに拾ってきたアイテムを入れることが何回もあるだろう。

こんな感じに。

もうほとんど空きがないことがわかるだろう。
これが積み重なるとすぐにStashがパンクしてしまう。

Stashが広ければ広いほど快適にゲームをプレイできるということは、覚えておいてほしい。

コンテナの大きさ

次に、コンテナの大きさを比較した。
コンテナとは、タルコフで唯一死んでもアイテムを失わない空間である。
(StandardとLeft Behind EDITIONでは違いがないことに注目)

エディション名 コンテナの大きさ
Standard EDITION 2×2=4マス
Left Behind EDITION 2×2=4マス
Prepare For Escape EDITION 2×3=6マス
Edge of Darkness limited EDITION 3×3=9マス

左が、Standard、Left Behind EDITION、真ん中がPrepare For Escape EDITION。
右が闇落ちEditionのコンテナである。

マス数でいうと4マス、6マス、と9マスだな。

多くの人が、コンテナの大きさを理由に闇落ちしている。

なぜ、コンテナの大きさが大事なのか。
それは、超高額アイテムを確実に持って帰れるからだ。

タルコフ市では、お金がすべてである。
いかに出費を抑え、高いアイテムを持って帰れるか。
これに尽きる。

アイテムの中には、1つ100万を超えるアイテムも存在する。
(ちなみに、ゲームスタート時の所持金は50万。)

1つのアイテムで、最初の所持金の2倍稼げてしまうのだ。
お金があれば、武器をカスタムしたり性能がよいアーマーを着用できたりするので、死ぬ確率も格段に減る。

コンテナの大きさが大きければ大きいほど、効率よく稼げるし、ロストするアイテムも少なくなる。
だから、多くの人は高いお金を払ってでも大きいコンテナを手に入れるのである。

Standard EDITIONがおすすめの理由3選

ここまで、高いEditionのほうが快適にプレイできることを語ってきた。
だが、まずタルコフをプレイしてみたいなら、Standard Editionで良いのではないかと思う。
そう思う理由は3つある。

1.タルコフは万人受けするゲームではないから

1つ目の理由は、タルコフは万人受けするゲームではないということだ。

タルコフは、マゾゲーである。
死んだらすべてを失う、それがタルコフだ。

私もタルコフを嫌になったことは、何度もある。
それぐらいシビアなゲームだということは、覚えておいてほしい。

まず、Standard EDITIONを購入してみて、タルコフと自分との相性を確かめてみるのがいいだろう。

2.ゲーム内の開放要素で一番高いエディションのようにプレイできるから

2つ目の理由は、ゲーム内の開放要素で一番高いエディションのようにプレイできるから

具体的には、Stashの大きさ、コンテナの容量である。
とはいっても、鬼畜なタスクをクリアする必要があったり、膨大なゲーム内アイテムとお金が必要にはなるが。

コツコツゲームをプレイしていって、どんどんタルコフライフを快適にしていくのも、このゲームを楽しむ方法の1つである。

3.あとからいつでもアップグレードが可能だから

3つ目の理由は、あとからいつでもアップグレードが可能であるということ。

差額を払えば、いつでもアップグレードができる。
最初に買ったエディションでずっとプレイしなければならないということではない。

タルコフをプレイしてみて、このゲームおもろ!と思ったらエディションをアップグレードすればいいだけだ。

ちなみに、アップグレードする際は、決済手数料の関係で若干多くお金を払うことになるということは覚えておいてほしい。
(どうせアップグレードするなら、ゲームを一番快適にプレイできる闇落ちがおすすめだぞ)

タルコフを安く購入する方法【結論:セール日に購入すること】

最後に、過去のセール開催について紹介しておく。
どうせ同じものを買うなら、安いに越したことはないからな。

  • アップデート直前セール
    2021/06/25 06:01 ~ 02/27 05:59 全パッケージ20%オフ
  • サマーセール
    2020/08/03 06:01 ~ 08/06 05:59 DARKNESSのみ20%オフ その他15%オフ
    2019/08/03 06:01 ~ 08/06 05:59 DARKNESSのみ20%オフ その他15%オフ
    2018/08/03 06:01 ~ 08/07 05:59 DARKNESSのみ20%オフ その他15%オフ
  • WW2対独戦勝記念
    2021/05/08 06:01 ~ 05/10 05:59 DARKNESS25%オフ その他20%オフ
    2020/05/08 06:01 ~ 05/10 05:59 DARKNESS25%オフ その他20%オフ アップグレード25%オフ
    2019/05/08 06:01 ~ 05/11 05:59 DARKNESS25%オフ その他20%オフ アップグレード25%オフ
    2018/05/09 06:01 ~ 05/11 05:50 全パッケージ25%オフ
  • 祖国防衛軍の日
    2021/02/23 06:01 ~ 02/25 05:59 全パッケージ20%オフ
    2020/02/23 06:01 ~ 02/25 05:59 全パッケージ20%オフ
    2019/02/23 06:01 ~ 02/25 05:59 全パッケージ20%オフ
    2018/02/23 06:10 ~ 02/26 05:50 全パッケージ20%オフ
  • New Year Event
    2020/12/27 06:00 ~ 2021/01/06 05:59 全パッケージ25%オフ。
    2019/12/27 ~ 2020/01/05 全パッケージ25%オフ。
    2018/12/28 ~ 2019/01/06 全パッケージ25%オフ。
    2017/12/28 ~ 2018/01/04 全パッケージ25%オフ。
  • Black Friday
    2020/11/27 06:01 ~ 11/29 05:59 全パッケージ25%オフ
    2019/11/29 06:01 ~ 12/01 05:59 全パッケージ30%オフ
    2018/11/23 06:01 ~ 11/24 06:01 全パッケージ30%オフ
  • BSG創立周年記念
    2020/10/15 06:01 ~ 10/17 05:59 全パッケージ25%オフ
    2019/10/15 06:01 ~ 10/17 05:59 全パッケージ25%オフ
    2018/10/14 06:01 ~ 10/16 05:59 全パッケージ25%オフ
  • 新型コロナ肺炎に対する#StayAtHomeプロジェクト
    2020/03/31 06:01 ~ 04/05 05:59 全パッケージ25%オフ

Escape From Tarkov Wikiから引用

年末年始、2月、5月、8月、10月、11月にセールがあるようだ。
結構な頻度で、セールをやっているのでうまく活用しよう。

まとめ

エディションごとの違いを、理解していただけただろうか?

まずは、Standard EDITIONで始めて見るのがおすすめだ。
タルコフにはまり、Stashとコンテナを大きくしたいと思ったときに、追加でお金を払えばよし!

タルコフ購入方法はTarkov wikiへ

関連記事

タルコフってどんなゲームか知りたい方はこちら。

関連記事

「タルコフが最近はやっているけど、どんなゲームなの?」 「有料ゲームだし、合わなかったらもったいないよなぁ」 せっかくお金を出したのに、つまらないゲームだと損した気分になりますよね そこで、半年間毎日プレイ[…]