【EFT/タルコフ】サイトの切り替え方法とサイト一覧まとめ

  • 「サイトの切り替え方法がわからない」
  • 「どのサイトが見やすいの?」

そんな方向けの記事になります。

本記事では、

  • サイトの切り替え方法
  • 等倍サイトの見え方一覧

をまとめました。

どのサイトをつけるか迷っている方は是非記事をご覧ください。

サイトの切り替え方法

デフォルトの設定ですと、「LAlt + 右クリック」同時押しでサイトを切り替えることができます。
サイトの切り替えでできることは2つあります。

1.倍率変更

1倍/6倍の切り替えができるサイトを例に出します。

1倍の状態で、「LAlt + 右クリック」を同時押しすると、

6倍に切り替えることができます。

2.レティクル変更

複数のレティクルが搭載されているサイトのみ変更可能。

「LAlt + 右クリック」を同時押しすると、

サイトのレティクルが変わります。

サイトの切り替えキーは変えるのがおすすめ

デフォルトの「LAlt + 右クリック」から、キーの割り当てを変更することをおすすめします。
なぜなら、サイトを覗きながら倍率変更、レティクル変更ができないからです。
ちなみに私は「CapsLock」に割り当てています。
もし私と同じ設定にするなら、英語キーボード設定でプレイしてください!
そうでないと、CapsLockキーが反応しません!

サイトの見え方一覧

リフレックスサイト&ホログラフィックサイトの見え方一覧をまとめました。

Cobra EKP8-18 リフレックスサイト / Cobra EKP8-02 リフレックスサイト

4種類のレティクルがある。
EKP8-18:エルゴノミクス-2
EKP8-02:エルゴノミクス-3

OKP-7 リフレックスサイト

同じ名前で2種類のサイトがあります。
どちらもエルゴノミクス-4

Walther MRS リフレックスサイト

エルゴノミクス-3

VOMZ Pilad P1x42 “WEAVER” リフレックスサイト

エルゴノミクス-3

Aimpoint COMP M4 リフレックスサイト

エルゴノミクス-2

Trijicon SRS-02 リフレックスサイト

エルゴノミクス-1

Valday 1P87 ホログラフィックサイト

エルゴノミクス-4

Vortex Razor AMG UH-1 ホログラフィックサイト

エルゴノミクス-4

Holosun HS401G5 リフレックスサイト

サイトの切り替えを行うと緑のレーザーサイトがでる。
エルゴノミクス-4

EOtech 553 ホログラフィックサイト

エルゴノミクス-3

EOtech XPS3-0 ホログラフィックサイト

エルゴノミクス-2

EOtech EXPS3 ホログラフィックサイト

エルゴノミクス-2

EOtech XPS3-2 ホログラフィックサイト

エルゴノミクス-2

EOtech HHS-1 サイト

1倍/3倍の切り替えが可能。
エルゴノミクス-3

ここからは、小型リフレックスサイトになります。

Belomo PK-06 リフレックスサイト

マウントが必要ない唯一の小型リフレックスサイト。
エルゴノミクスのマイナスがないのが特徴です。
使っている人が多いため、値段がとても高い。

Aimpoint Micro T-1 リフレックスサイト

サイトをつけるにはマウントが必要。

Leupold DeltaPoint リフレックスサイト

サイトをつけるにはマウントが必要。

Trijicon RMR

サイトをつけるにはマウントが必要。

Sig Sauer Romeo4 リフレックスサイト

サイトをつけるにはマウントが必要。

お好みのサイトを見つけてみてください!
最後までご覧いただきありがとうございました。

安くて使いやすいおすすめサイトを知りたい方はこちら