【EFT/タルコフ】AK103の最小リコイルカスタムと弾薬の紹介

2021年3月30日の新パッチで、7.62✕39mmのAP弾が追加されましたね!
今回は、7.62✕39mmの弾を最小リコイルで打てるAK103のカスタムと弾の性能を紹介します!

  • AK103を使いたいけどどんなカスタムをしていいかわからない
  • 7.62✕39mmの弾を最小リコイルで打ちたい!

という方は是非記事をご覧ください!

AK103の魅力について

  • 7.62mm×39mmを扱う銃で一番性能が良い!
  • 弾が安いのでコスパが良い
  • 高いエルゴノミクスにより、取り回し性能抜群

7.62mmを撃つ銃の中で最も性能が高くなる銃がこちら。
7mmAKの良さといったらやはり「肉体ダメージの高さ」です。
貫通さえしてしまえば、胸二発で溶かすことができます。
その弾をフルオート、最小リコイルでぶっぱなせるak103。
レートが低いかつ弾も安い(※AP弾を除く)のでコスパも抜群です!

AK103最小リコイルカスタムの紹介

AK103の最小リコイルカスタムを紹介します。

約17万₽

エルゴノミクス:66
垂直反動:57
水平反動:139

反動も低く、エルゴノミクスも高いので取り回し性能◎
しかし、弾のデバフで反動が増加するのでそこだけ注意してください。
(BP弾→反動+5%、AP弾→反動10%)
ADSがとても早いため、頭を狙うイメージで使うのがおすすめです!!

次は各パーツの紹介をしていきます。

AK-74スレッド用 JMAC RRD-4C マズルブレーキ

Ak-74 ガスチューブ

AK用 Zenit RP-1チャージングハンドル

AK用Akademia Bastion ダストカバー

AK74/AK100 PT ロック

Zenit PT-3 “Klassika”ストック

AK用 VLTOR CMRD keymod ハンドガード

AK用 Aeroknox scorpius ピストルグリップ

Vitor CASV keymod 6 inch レイル

Zenit RK-2 フォアグリップ

7.62mm✕39 mm弾薬の性能と入手方法

名称 ダメージ 貫通力 販売条件
値段
MAIAP 46 58 FIR(Find In Raid)のみ
BP 58 47 PraporLv4(タスク:The Punisher Part5 クリア)
ワークベンチLv.3
939₽
PS 57 32 PraporLv.1(初期から解放済)
91₽
T45M 62 30 PraporLv.2(PMCレベル15で解放)
73₽
US 56 29 PraporLv.3(PMCレベル22で解放)
161₽
HP 83 15 JaegerLv.2(PMCレベル15で解放)
63₽

AK103のコスパが良いのは、BP弾の値段にあります。
貫通力が50弱あるにも関わらず、値段が939₽なのは破格です。
アーマー4はもちろん、アーマー5にも十分対抗できます。

>AP弾は、貫通50を超えているかつ胸2発で溶かせる威力も兼ね備える非常に強力な弾になっています。
しかし、店で購入もできず、クラフトもできないので入手しづらいのが欠点ですね。
フリーマーケットでの相場は、1発3000₽前後です。

今現在では、BP弾をぶっ放すのが一番良いと思っています。
ロストを恐れて弾を打てないよりは、BP弾をたくさん撃つほうが良いと考えているからです。

序盤では、PS弾が非常に強力です。
1発91₽という安さでありながら、貫通力が30を超えているからです。
scav、PMC戦闘でも大活躍してくれるでしょう!

序盤からずっと使えるのが7.62mm✕39mmの魅力の一つです!

弾に関しては、以下のような基準で選ぶと良いでしょう。

  • VSスカブ→HP、US
  • VSアーマー4までのPMC→PS、T45M、US
  • VSアーマー5までのPMC→BP
  • VSアーマー6のガチムチPMC→BP or MAIAP弾(余裕がある人は)

早くAP弾が安く買えるようになると良いですね!
最後までご覧いただきありがとうございました。
参考になりましたら幸いです。
Twitterもやっています。